訪問介護とは在宅サービスの一つ

スポンサードリンク




訪問介護とは介護保険制度で定めてあるサービスの一つである在宅サービスの位置付けにあると
いえるものです。 介護保険法というものが2000年に誕生し、その法律に基ずくものになります。

ホームヘルプサービスという名称でもあります。 日本の高齢化は皆さんが考えているよりも
深刻なものなのです。 ですので法律まで整備されているわけですから。

高齢化に加え、少子化も進んでいますし核家族の数も尋常ではありません。

ですからこのような社会で「要介護者」を抱える家族には訪問介護というサービス
なくてはならないものです。想像してみてください、親一人、子一人でが「要介護者」だったら
自分一人では限界がすぐに来るのが分かりますよね。
負担を軽減してくれるホームヘルプサービスは活用するべきです。


訪問介護(ホームヘルプサービス)の需要は増える一方

当然ながら訪問介護員には訪問介護員養成研修を終了していたりして資格がないといけません。

ホームヘルパー介護福祉士などといった専門資格はよく聞く言葉ですので
これらのことを指します。

高齢化していく中で、訪問介護ホームヘルプサービス)の需要は増える一方ですが
供給する方がまだまだ追いつかないというのが現状です。

訪問介護員になる人が増えるように待遇面の強化も必要ですし、もう少し社会全体で
カバーしていくような状況にならないと厳しいかも知れませんね。


SPONSORED LINK



スポンサードリンク



軽度な要介護者が対象

訪問介護サービスの対象としているのは比較的、軽度な要介護者要支援者となるのが一般的です。

訪問して、入浴食事などの援助をしたり、排泄の介助といったものになります。